作成をしよう

Tシャツは、肌着と同じようですがそれは違います。肌着は吸湿性や保温性が必要な商品ですが、Tシャツはよくジーンズと着られるように、ファッション商品といえるでしょう。そして、手頃な価格で短納期に調達できるため、制服としてよく使われています。かつては学校や会社、クラブのユニフォームに、ネームや刺繍を入れて使われていました。最近はプリント技術が発達した関係からか、地域を紹介したデザインのおみやげ用、催事やイベント時のシャツに、また短納期が必要な選挙の宣伝を兼ねた制服にとあらゆる場所でみかけます。これもTシャツが、短期的で平均的な価格1枚1000円程度で調達できるところにあるのでしょう。もちろん数量・デザイン・素材によって、価格は変動いたします。ネットでみると、無地のTシャツが400円程度から販売されているようですが、価格だけで選択するのではなく、用途や使用頻度も考慮して選ぶべきです。

そこで、制服用プリントTシャツの価格を構成する要因について申します。その要因は主に次の3ツです。一つ目はシャツの素材です。Tシャツはニット製品ですので、洗濯により伸び縮みいたします。素材とか編地によって度合いが違いますが、ある程度価格に比例いたします。従って、短納期で一時的な使用なのか、ある程度の期間使用するのかで選択しましょう。長期間使用することは、追加や補充の必要性もあるので、長く製造される商品であることも大事です。二つ目は数量です。当然、量が多くなるほど単価は下がります。それは次に述べる要因とからんでいます。三つ目の要因は、デザインです。ロゴやデザインを、製版化する費用がかかります。製版代は大きさに比例いたします。また、使用するプリントの色数により変動いたします。従って数量により、1枚当たりの単価が変動することなります。また、できあいのデザイン等であれば短納期となるようです。費用や納期も短納期でと要望であれば、ネットでの見積りを利用してみるのも方法です。